貸店舗を利用する

貸店舗についての特徴を知ろう

お店を開くとき、昔は自分で土地を購入して建物を建ててそこでお店を営んでいることが多かったのですが、その時代背景としては、土地の価格が上昇し続けること(そのように信じていたこと)、そして景気がよかったことなどがあります。 現在ではお店を開くときは貸店舗が増えています。その理由は土地を購入し、建物を建てるにはリスクが大きすぎることやお店の寿命も昔よりは短くなっているため、貸店舗のほうが何かと都合がいいのです。 貸店舗を借りる場合は不動産会社と契約をして仲介してもらうのが一般的です。もし、直接貸主と交渉をすれば、仲介手数料を払わなくていい分だけ安く借りることができますが、手続き等が面倒という欠点があるのです。

居抜きという新しいカタチ

貸店舗も時代と共に形を変えて行っています。お店を開く場合、その賃料だけを払えばいいというわけではありません。初めてお店を開くのであれば、それ以外の費用のほうがかかるのです。 例えばラーメン屋を例に挙げると、カウンターの設置や椅子とテーブル、食券販売機の設置、冷蔵庫や冷凍庫や機会を購入するだけでもかなりのお金がかかります。また、すでにラーメン屋を営んでいたとした場合、それらを引っ越しの際に持ってくるのはやはりお金がかかるのです。 そこで、居抜きの貸店舗を借りるという方法があります。居抜きとは、前の店主がテーブルや椅子、カウンターや機械類などはそのまま置いて行って出て行ったため、次に入居する店舗がそのまま使える状態になっている貸店舗を言います。これによって新入居者は経費を3分の1ぐらいに減らせるので人気があります。