居抜きを行なう

歯科医院の開業物件として

歯科医院の開業物件というのは、実はかなりあるのです。何しろ、歯科医院はコンビニエンスストアよりも多いといわれているのです。ですから、採算が取れずに閉院した物件があるのです。そうしたところを開業物件として活用している場合が多いです。 歯科医院の開業物件としては、なんといっても居抜き物件がよいのです。居抜きというのは、元々何かに使っていて、設備が残っている物件です。 歯医者の場合、器具はともかくとして、治療台や椅子や机くらいはそのまま使えます。それによって、初期投資費用をかなり下げることができます。開業物件として、これほど有難いことはなく、人気がとてもあり、専門的にそうした物件を集めているところもあります。

歯科医院開業物件の歴史

歯科医院の開業物件は、独立した建物が主だったのは、すっかり昔の話になってしまいました。昔は、歯科医院の開業物件を探している歯医者さんは、ビルのテナントして開業するよりも、独立した建物を探している人が多かったのですが、最近ではビルの一室を開業物件に選ぶ歯科医院が増えているといいます。 開業物件として、初期投資する費用をできるだけ節約するとともに、患者の利便性を重視していることが原因です。駅前や繁華街などに近い歯科医院の方が、患者の立場からすると便利であることは明らかです。 住宅街には昔から開業している歯医者がすでにたくさんありますので、これから開業しいく歯医者は、都市部にあり利便性が高いエリアを狙っています。